観光タクシーを利用すれば和服を着ても疲れません

京都の観光時に着物や浴衣、または舞子さんの格好をしている方を見た事がある人もいるのではないでしょうか。京都には沢山の観光地があり、和服を着ていると様々なサービスをしてもらえる場所があったり、和服と合わせることでSNS映えする場所があったりするため、和服を着て観光をする方が増えています。しかし、たくさんの観光地を巡りたい場合は、洋服よりも慣れていない和服では動きを制限されてしまうため着る事に対してためらってしまう方もいます。

和服を着たままでもスムーズにあらゆる観光地をめぐるためには、観光タクシーの利用を推奨します。観光タクシーを利用すれば、和服を着たまま一日中観光をしても疲れにくくなります。移動手段が全て車での移動であり、自分たちの目的とする場所へ直に連れて行ってくれるため、あまり歩かなくて済みます。

バスや電車の待ち時間や遅延によるスケジュールの遅れが無くなるとともに、道路情報を良く知っているドライバーがその都度状況に応じた道を進んでくれるためスケジュール通りスムーズに各観光地へ足を運べます。人によっては帯の締め付けにより食事の後などに動くことが辛く感じてしまいます。しかし、観光タクシーを利用していれば無理して歩く事もなく、すぐに次の目的地へと移動が出来ます。

和服は洋服とは違い、姿勢がまっすぐになりますし、大きな歩幅では歩けません。このように和服を着ることで普段は使わない筋肉をたくさん使います。その状態で砂利道やお寺や神社の石段を上るため、洋服での観光よりも足腰や肩が凝りがちです。しかしながら、観光タクシーでは移動中に必ず座っていられますし、公共機関とは違ってほかの乗客がいないため人目も気にしなくて良いためリラックスできます。草履や下駄による足のダメージも、移動時間だけでも休める事が出来ればかなり削減出来ます。宿泊先に戻る時間と言えば、全ての観光が終わった時が多いですが、その際が一番一日の疲れがドッと来る時です。観光タクシーの中でついうっかり寝てしまっても、目的地まで送り届けてくれるため乗り過ごしの心配がいりません。

観光タクシーの運転手さんは、道路情報以外にも、現地のお店や歴史などについて幅広く知識を持っている方が多いです。移動中に穴場スポットやおすすめの飲食店などの有難い情報を教えてくれる方もいますので、観光タクシーの利用は、京都の観光をより楽しいものへしてくれる手助けとなるでしょう。